読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sonysaikoのブログ

オーディオ環境の変化やPCのことなどについて

(アーティスト考察3)RADWIMPS

(アーティスト考察3)RADWIMPS

RADWIMPSの紹介をします。最近、アクエリアスのCMで「サイハテアイニ」流れてますよね。あれいいですよね!けっこう「君の名は」から知った人も多いと思います。自分も「前前前世」好きですが、あえて外します。いろいろな人がレビューしていると思いますので・・・

 

魅惑のラッドの曲

(アルバムの曲も含めて全部好きなのですが、そこから何曲か紹介します)

 1、オーダーメイド

この曲かなり深いです。聴いていると最初、語りかけるように歌っていますが、内容も意味ありげです。1対1でリスナーと対話するようなこの曲。サビの歌詞にすべて集約しサビが終わりまた語りかけ最後に転調します。転調の歌詞が作者の言いたいことなのだろう・・・と自分は思っています。最後の歌詞は茶目っ気だと思います。

 

2、シュプレヒコール

この曲好きなんですよねー歌詞マジ好きです!自分はこの曲を聴く時、何も考えずに聴くように心がけています。

 

3、君と羊と青

軽快ですよねー野田さんめっちゃ早口。軽快でポップで最高です。この曲、当時バイトの行き帰りに常に聴いていました。

 

4、遠恋

メロディーでまず引き込まれ、歌詞が独創的、創造的です。自分はこの曲が収録された「RADWIMPS 4~おかずのごはん~」が大好きです。

 

5、トアルハルノヒ

なんかこの曲聴くと切ないです。間奏のギターがいい雰囲気出してます。「ロックバンドなんてもんを やっていてよかった」という歌詞が好きです。

 

<総評>

ラッドは独創的な歌詞、時に暴れるギター、堅実なベースライン、的確なドラムからなる日本最高峰のロックバンドだと思っています。曲によっていろんなラッドの顔が見られます。そのどれもがラッドであり、常に最新(今)のラッドが込められていると個人的に思います。

 

※内容は個人的な見解です